キレイラボ

人気サプリの効果・口コミ・感想をお届けします

生命の乳酸菌7選に副作用はあるの?妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

      2016/11/22

生命の乳酸菌7選」は、その名の通り7種類の乳酸菌をたっぷりと配合しており、腸内で生きたままの乳酸菌を効率良く働かせることができる、優秀なサプリメントのようです。

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

乳酸菌は健康に良いというイメージが大きいですが、副作用はないのでしょうか?
妊娠中や授乳中でも生命の乳酸菌7選は飲んでも身体や赤ちゃんに影響はないのでしょうか?

気になりますよね。
副作用妊娠中授乳中の摂取が大丈夫かをご紹介します。

生命の乳酸菌7選に副作用はあるの?

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

ヨーグルトなどにも乳酸菌は含まれていますが、副作用はあまり聞いたことはありませんよね。

サプリメントになるとどうなのでしょうか?
調べてみました。

副作用はない

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

サプリメントはもともと食品から作られたものなので、薬ではありません。

乳酸菌は全くと言っていいほど副作用はありません。

過剰摂取による症状

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

副作用ではありませんが、生命の乳酸菌7選を過剰に摂取してしまうと、下痢や腹痛といった症状が出る場合があります。

一時的なものなので、様子を見ているとおさまってきます。
生命の乳酸菌7選は1粒に約346億個もの乳酸菌が入っているので、1日1粒で充分なのです。
決められた量を守るようにしましょう。

効果を早く出したいからといって、たくさん飲んでも意味がありません

乳酸菌は即効性を期待するものではないので、毎日コツコツと継続して飲むことが大切なのです。
過剰に摂取しても、体外に排出されるだけで、もったいないでしょう。

好転反応による症状

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

生命の乳酸菌7選に入っている乳酸菌によって、健康になっていく過程で、一時的にお腹が張る肌がかさかさする眠くなるなどの症状が稀に現れることがあります。

全く症状が現れない人もいますが、副作用ではないので、飲むのを止める必要はありません。
気になれば飲む回数を減らすなどをして様子を見るようにしましょう。

生命の乳酸菌7選は妊娠中でも飲める?

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

乳酸菌は便秘解消や免疫力の向上など、健康にも良いということですが、妊娠中にも飲めると嬉しいですよね。

妊娠中に生命の乳酸菌7選は飲んでも良いのか見てみましょう。

妊娠中でも大丈夫

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

生命の乳酸菌7選は薬ではありません。
よって、妊娠中でも飲んでも大丈夫です。

妊娠中は便秘にもなりやすいですし、体調も崩しやすくなってしまいます。
そして、薬も飲めないので、むしろ、乳酸菌は妊娠中には摂った方が良いのです。

便秘解消

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、腸の動きが鈍くなったり、つわりなどで食欲がなくなり、食物繊維などを摂取できなくなったりするので、便秘になりやすいとされています。

生命の乳酸菌7選は7種類の乳酸菌によって、腸内環境を整えてくれるので、便秘薬が飲めない妊婦さんにも安心して飲むことができます

免疫力向上

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

生命の乳酸菌7選の乳酸菌によって、お母さんの免疫力が向上して病気にかかりにくくなります。
加えて、おなかの赤ちゃんの免疫力も向上すると言われています。

母親の腸内細菌を赤ちゃんが引き継ぐようになるので、妊娠中から、乳酸菌をしっかりと摂取して腸内環境を整えておくことは大切です。

生まれてくる赤ちゃんのアトピー性皮膚炎やアレルギー症状などの発症が抑えられるとも言われています。

>>>妊娠中でも安心な「生命の乳酸菌7選」をお得に買うならコチラ

生命の乳酸菌7選は授乳中でも飲める?

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

授乳中は忙しくて、食事や睡眠のバランスもなかなかうまく取れないですが、体調を崩している暇はありません

乳酸菌はそんなときにも役立ってくれそうですが、授乳中は飲んでも良いのでしょうか?
授乳中の影響について調べました。

授乳中でも大丈夫

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

妊娠中の時と同じように、生命の乳酸菌7選は薬ではないので、赤ちゃんへの問題はありません

母乳には、ビフィズス菌やオリゴ糖などの善玉菌のエサとなるものが含まれているので、赤ちゃんは新たに乳酸菌を摂る必要はありません。

しかし、身体がクタクタになっている、ママの健康のためにむしろ必要なものと言えるでしょう。

アレルギーを抑える

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

母親が乳酸菌を摂取して授乳すると、アレルギー症状を抑えることが期待できるという報告があります。

それは、母乳中に「TGF-β」という免疫抑制作用を持つ因子が増えるからだそうです。
TGF-βはタンパク質の一つで、赤ちゃんを守る力があると期待されています。

乳酸菌は2種類以上摂取するのが効果的と言われているので、7種類含まれている生命の乳酸菌7選は授乳中にも効果的でしょう。

>>>授乳中でも安心な「生命の乳酸菌7選」をお得に買うならコチラ

生命の乳酸菌7選で健康なママになろう!

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

生命の乳酸菌7選は副作用はほぼなく、妊娠中、授乳中にも安心なものです。
むしろ、妊娠中や授乳中に必要になってくるもののようです。

7種類の乳酸菌がしっかりと簡単に補える生命の乳酸菌7選は、とても便利ですね。
続けることで、健康や美容の効果が現れるようです。

生命の乳酸菌7選には、継続しやすいような定期コースが用意されています。
初回はなんと

送料の500円だけで無料

で1袋がもらえるのです!

そして、毎月送料無料で定価の10%OFFの2,970円で届けてくれます。

忙しいママには、お得で便利で嬉しいですよね。
赤ちゃんのためにも重要な働きをしてくれる乳酸菌をしっかりと摂って、健康なママになって下さい!

生命の乳酸菌7選 副作用 妊娠中 授乳中

 

 - 副作用と利用注意点 , , ,

This site is protected by wp-copyrightpro.com