キレイラボ

人気サプリの効果・口コミ・感想をお届けします

首、背中、腰…セクシーなボディラインは●●で手に入る!女性らしい理想体型の作り方

      2016/11/10

気温が15度を超える日も増えて、いよいよ肌を露出する時期がやってきます。あなたは準備ができていますか?

kasumi_arimura

画像:Twitter.com

第39回日本アカデミー賞で優秀女優賞と新人俳優賞をW受賞した有村架純さんの胸元がセクシーなベアトップドレスが注目を浴びていましたが、背中の曲線もとてもキレイでした。

あんなに魅力的なボディラインが私も欲しい…

首から背中、腰、ヒップにかけてしっかりと引き締まりながらも適度に柔らかい感じがある。
有村架純さんのように、女性らしい理想のボディラインを保ちたいですよね。

実はちょっと気をつけるだけで、理想のボディラインは保つ事ができます。それは普段の食生活で「女性ホルモン」を意識しているか?という事が深く関係しています。

知らなかった!美容と健康に効果バツグンの魔法の食材「牡蠣」とは?

女性ホルモンを多く摂取できる食材として注目を浴びているのが「牡蠣」です。
牡蠣は「海のミルク」とよばれるほど栄養価が高く、美容大国ヨーロッパでは古くから女性の美肌作りにとっても最適な食材であると言われてきました。

shutterstock_153525683

ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんが、自身の本『世界一の美女になるダイエット』にて「牡蠣はミネラル豊富で世界一の美女になるための最適な食材」と絶賛されています。

牡蠣には、豚肉の約5倍(可食部100g)もの亜鉛が含まれていて、女性の美肌作りには欠かせない亜鉛パワーを摂取できる食材ではトップクラスです。

亜鉛はホルモンの分泌を活性化する作用があり、女性のホルモン生成にも大きく関与しています。女性は亜鉛が不足するとそれらのホルモンの生成が抑制されてしまうため、生理不順になることもあります。

shutterstock_321076013

女性ホルモンをうまくコントロールして女性的で美しい魅力的なラインを作るには「牡蠣」が一番なんです。

アミノ酸やビタミンなど美肌成分が豊富に詰まっている

shutterstock_271601525牡蠣のパワーはそれだけではありません。
牡蠣はアミノ酸やビタミンも豊富。アミノ酸は肌の保湿成分で潤いを与え、ビタミンは、皮脂バランスを整えたり肌荒れを改善してくれる効果があります。

つまりアンチエイジングにもとても効果があるということです。

しかし、残念な事に牡蠣に多く含まれる亜鉛は体内への吸収率がとても低く、体外に排出されやすい栄養素でもあるのです。そのために、生の牡蠣をたくさん食べようにも塩分の摂り過ぎや食中毒が懸念されます。

特にノロウイルスは危険でスーパーなどで販売されている生食用の牡蠣であってもノロウイルス量の基準値が定められていないので、安心はできません。

牡蠣 ノロウイルス

そこで今ネットで密かにブームになっているのが、手軽に安心して牡蠣を摂取することができる「牡蠣のチカラα」です。

牡蠣のパワーを凝縮したサプリメントが発売開始!

kakinochikara

牡蠣のチカラαの公式サイト

牡蠣の名産地である広島県瀬戸内海産の牡蠣から摂れた牡蠣亜鉛エキス(なんと181個分)を贅沢に濃縮し、サプリメントとして開発されました。

牡蠣のチカラαには今まで摂取しづらかった亜鉛を特殊なソフトカプセルで包み込み、体内にしっかりと届けます。
亜鉛意外にも、マカや高麗人蔘といった美容と健康に人気の成分を数週類配合し栄養バランスの摂れた牡蠣サプリです。

肌がぷるんぷるんと実感!牡蠣パワーが凄すぎ♡

30手前になった時に、目の下、ほほ、こめかみなどフェイスラインがダルダルしていたんです。どうにかしたいと思った時に、女性ホルモンを多く摂取できるサプリとして牡蠣のチカラを選びました。今ではフェイスマッサージ無しでも肌のハリを実感できます♡

aen

彼氏が亜鉛で毎日元気(笑)

美容効果で有名な亜鉛ですが、男性のアレにもとっても効果的だったんです(笑)遅くまでお酒を飲んで帰ってきた彼も、次の日はスッキリ爽快!朝からすごく元気なんです♡2人仲良く飲んでます!

aen2

⇒牡蠣のチカラαの口コミ一覧はこちらから

牡蠣のチカラαが980円の初回モニター募集中

女性だけに限らず、男性にも効果的な牡蠣サプリ。今なら公式ホームページだけの限定で980円の初回モニターを募集中です。(※こちらのモニターキャンペーンは先着1000名のみの特典です。)

定期などの縛りはありませんので、お気軽に牡蠣サプリをお試ししてみてはいかがですか?

kaki

公式サイトはこちら

 - 牡蠣のチカラα