キレイラボ

人気サプリの効果・口コミ・感想をお届けします

ホワイトニング歯磨き粉がおすすめの理由と効果的な磨き方

   

ホワイトニング歯磨き粉がおすすめの理由と効果的な磨き方

芸能人の歯を見て「白くて羨ましい」と感じたことはありませんか?

白い歯は笑った時、相手に良い印象を与えるものです。

そこで最近は『ホワイトニング歯磨き粉』が注目されています。

いつも通り歯磨きするだけで白くて美しい歯になれる可能性があります。

今回は効果的な磨き方や注意点を説明するので、是非使用する前に確認してみてください。

目次

ホワイトニング歯磨き粉がおすすめの理由とは?

ホワイトニング歯磨き粉がおすすめの理由とは?

多くの芸能人が『ホワイトニング歯磨き粉』を使って美しい歯を維持しているため、メディアを通して一気に人気が高まりました。

ホワイトニング歯磨き粉が売れている理由は、主に3つです。

効果

1つ目は、その効果の高さにあります。

ホワイトニング歯磨き粉は強い研磨剤や清掃剤を含んでいる歯磨き粉のことで、歯垢などの汚れを除去してくれます。

研磨剤や清掃剤として「ハイドロキシアパタイト」「シリカ」などが代表的な成分です。

さらに、黄ばみの原因となっている歯の内部を漂白する成分が入っています。

歯の外側と内側の両方からアプローチできるため、高い効果を発揮するのです。

ホワイトニング歯磨き粉には健康的な歯に必要な成分を含んでいる商品も多く、美しくて丈夫な歯へサポートしてくれます。

手軽さ

2つ目の理由は歯医者に行かなくても自分でホワイトニングできる手軽さです。

ホワイトニングは何回か歯医者へ通う必要があり、時間と手間がかかります。

歯磨き粉を変えるだけなら余分な労力を消費せずに済みます。

価格

価格の安さは、ホワイトニング歯磨き粉が売れている3つ目の理由です。

歯医者でホワイトニングを行う場合、時間と手間だけではなく多額の費用が必要となります。

商品によって異なりますが、2000円程度で販売されているホワイトニング歯磨き粉もあります。

数万円かかる歯医者より、大幅に費用を削減することが可能です。

ホワイトニング歯磨き粉がより効果を発揮できる歯の磨き方

ホワイトニング歯磨き粉がより効果を発揮できる歯の磨き方

高い効果を発揮するホワイトニング歯磨き粉には1つだけ磨き方の注意点があります。

強い研磨剤を含んでいる商品であれば磨き過ぎると歯のエナメル質を削って、知覚過敏や虫歯の原因となってしまいます。

歯の表面が傷付くと着色しやすくなり、逆に黄ばみが目立ってしまうケースもあるほどです。

ホワイトニング歯磨き粉は日にちを空けて使い、強く磨き過ぎないのが正しい磨き方となります。

柔らかい歯ブラシを使うと、強く磨き過ぎるリスクを回避できます。

歯の状態によって適切な利用頻度は異なるため、定期的に歯の色や状態を確認して使用するペースを決めましょう。

効果の高い磨き方を実践するには、3種類の歯磨き粉を使い分けることがコツです。

ホワイトニング歯磨き粉に含まれている成分は、研磨剤・内部からアプローチする漂白成分・歯をコーティングするフッ素と大きく3つに分けることができます。

それぞれ得意としていることが異なるため、成分の効果を最大限に生かせる磨き方をすることが重要です。

研磨剤入り歯磨き粉

まず、黄ばみや着色が気になる部分は、歯の表面に付着した汚れを除去できる研磨剤入り歯磨き粉で磨きます。

強く磨き過ぎず、優しく歯ブラシを小刻みに動かして磨いていきます。

この時、着色している部分だけを磨くことが大切です。

綺麗な部分を研磨剤入り歯磨き粉で磨いてしまうと、エナメル質を削ってしまうかもしれません。ある程度、着色が落ちたら口をすすいでください。

ホワイトニング歯磨き粉

次に、歯の内側からアプローチするホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用します。

こちらは強い研磨剤を含んでいない商品もあり、歯全体を磨くことができます。

歯ブラシに水をつけず歯磨き粉を付けることがポイントです。

水によって歯磨き粉の成分が薄くなってしまうため、実は水をつけない方が高い効果を発揮します。

唾液も成分を薄めるので、黄ばみが気になる所から磨いていきましょう。

先程と同じように歯ブラシを小刻みに動かして歯や歯茎を傷付けないように優しく行います。

歯全体を磨き終わって口をすすいだ後、今度は歯に直接歯磨き粉を塗るという方法もあります。

さらに高い効果を求める人は歯磨き粉を付けたまま放置すれば、歯に成分が浸透しやすいです。

面倒という人はホワイトニング歯磨き粉で磨くだけでも構いません。

放置して3分程度経ったら口をすすいで、次の作業に移ります。

フッ素入り歯磨き粉

最後はフッ素入りの歯磨き粉で仕上げを行います。

フッ素は研磨剤によって傷付いた部分をコーティングし、虫歯予防にも効果的です。

丈夫な歯にするために必要な作業なので、是非試してみてください。

忙しい時は研磨剤とフッ素の作業を省き、ホワイトニング歯磨き粉で磨くだけでも大丈夫です。

全工程を行うのは夜だけ、週に1回など自分でペースを決めると良いでしょう。

歯が白くなっても歯が黄ばむ悪習慣に注意

歯が白くなっても歯が黄ばむ悪習慣に注意

ホワイトニング歯磨きを使用した後は、歯の表面のエナメル質が刺激されて非常にデリケートな状態になっています。

食べ物や飲み物を摂取すると着色しやすいので、ホワイトニング後1~2時間は飲食を控えてください。

喫煙によって黄ばみを引き起こすこともあるので、喫煙も禁物です。

起床後すぐにホワイトニングを行う場合、朝食のコーヒーによって歯が着色する恐れがあります。

朝は一般的な歯磨き粉を使用して、就寝直前にホワイトニングを行うのが最も安全な方法です。

毎食後、口をすすぐと着色しにくい状態を保てます。

普段から着色しやすい食べ物や飲み物を摂取しないことも大切です。

コーヒー・カレー・ケチャップといった比較的色の濃いものは、歯の黄ばみを引き起こす可能性が高くなっています。

ホワイトニングを行っている期間は摂取を控えて、悪習慣を改善しましょう。

また、酸性食品は歯の表面のカルシウムを溶かして歯を傷付ける原因となります。

コーラなどの炭酸飲料・ワイン・フルーツなどが酸性食品に含まれます。

歯が敏感な状態で知覚過敏を引き起こすこともあるため、ホワイトニング後1~2週間程度は摂取しない方が良いです。

ホワイトニング歯磨き粉には知覚過敏を予防できる商品も販売されています。

元々知覚過敏に悩んでいる、またはホワイトニングによって知覚過敏を発症した場合は自分に適した歯磨き粉を選ぶと改善できる可能性があります。

まとめ

ホワイトニング歯磨きまとめ

ホワイトニング歯磨き粉は歯の内側と外側の両方からアプローチできるため、高い効果を発揮します。

白くて美しい歯は相手に良い印象を与えるだけではなく、自分もスッキリとした気持ちの良い毎日を過ごせます。

研磨剤・漂白成分・フッ素など、商品によって含まれている成分が異なるため自分に合った歯磨き粉を選ぶことが大切です。

正しい磨き方とアフターケアを心掛ければ虫歯や知覚過敏予防ともなるので、是非自分に合ったホワイトニング歯磨き粉を探してみてください。

ホワイトニング歯磨きおすすめベスト3!

1位 ちゅらトゥースホワイトニング
→昨年一番売れた歯のホワイトニング歯磨きジェル人気商品

2位 プレミアムブラントゥース
→ホワイトニング実感評価No.1!人気急上昇で在庫品薄状態

3位 ディノベートデンタルホワイトプロ
→歯科医師監修の人気ホワイトニングジェルでロングセラー

 - ホワイトニング歯磨き , , , ,

This site is protected by wp-copyrightpro.com